大学や動画配信など様々なシステムについて理解する

IT設備を使用する上で必要な事を知ろう

歴史と今後

ワークフローに見られるこれまでの歴史

ワークフローは比較的歴史の浅い概念となります。1900年代初期に、工場での作業効率を高めるための研究が始まったことから、利益率の向上を求めるものとして一般に広がるものとなったわけです。やがて1950年代に入り、タイプライターと複写機の登場によって情報分野でのワークフローという認識が表れるようになってきたのです。 そして現代において、パソコンによる業務効率の向上に伴ってさらにワークフローは進化することになります。自動化を進めてさらなる効率化を行うとともに、その作業内容を共有化することで、さらに業務効率を高めることになります。インターネットの広がりと情報技術を伴って進化を続けるものとなっているわけです。

今後の動向についての予測について

ワークフローは現在業務内容をいかに簡略化するかについて取り組まれています。専門知識と経験を持つスタッフのみが手掛ける作業があると、業務効率にも支障が出ることになります。理想は誰もがどんな作業をも行えるようにすることです。 そして携わる人の判断によって仕事の質が異なることによって、ミスや事故の発生原因を作ることにもなります。逆に誰もがどんな業務も行えるようになることで、ミスの発生も少なくなります。それをワークフローによって実現しようと取り組まれているわけです。これからもワークフロー化は時間短縮とともに品質の安定化と高度化を目指すものとなってくると見られています。さらにネットとデジタルの技術で新たな付加価値をつけるものと考えられています。