大学や動画配信など様々なシステムについて理解する

IT設備を使用する上で必要な事を知ろう

不正防止にもなる

制度設計とシステム化

企業などの組織が行なう日々の業務の中で、勤労者の負担軽減や効率性、あるいは公平性を考えると、一定のルールを定める必要があります。 例えば、次のようなルールを定めると仮定します。 1.勤労者は1週間の勤怠実績を翌週の月曜日までに上司に提出する 2.上司はこれらの勤怠実績を取りまとめて火曜日の朝までに総務部へ提出する 3.総務部は各人の勤怠実績から残業手当の計算や有給休暇の残日数を計算する これらのルールを明文化することを「制度化する」と言います。 そして、勤怠記録の入力や提出などをITなどの手法で実現することを「システム化する」と言います。 このように、日々の業務は制度化されて習熟され、さらにシステム化されたことで、関わる人達の負荷を軽減し、あるいは不正防止を行なっています。

利用しながら改良していく

システムは生き物なので、運用していく中で問題点が現れて改良されたり、または制度変更によって変更が余儀なくされるかもしれません。 例えば、前述のケースで、期限がしばしば守られない場合、「期限が過ぎた場合は対象者や上司にメールが自動的に送信される」という要件が加わった場合、これは議論や改良の結果に付加された機能です。 また、勤怠記録も当初は規定の書式に手書きで記入していたものを、システム化によって直接入力ができるようになり、さらには、タイムカードから自動的に入力できるようになれば、これはシステム化がもたらした業務の効率性向上と言えます。 このように、システム化において重要なことは制度設計です。しかし、利用する過程で必要に応じてルールや要件が改良していけば、より良いシステムを言えます。

システムを理解する

スムーズに単位をとって大学を卒業するためには、その大学のシステムをしっかり把握し理解しておく必要があります。そうすることで、自分にとって大きなメリットとなり、自分の夢実現へと一歩近づくことができます。

導入する魅力

経費精算などといった、費用に関する作業をするにあたり、非常に長い時間を要することになります。そこで、これをシステム化することにより、今までかかっていた手間や時間を大幅にカットすることができます。

需要の高いシステム

動画配信システムを利用すれば、テレビ放送局でなくても簡単にその役割を果たせるようになります。今や中高生にも人気のシステムで、実際にゲーム中継をしたり映像を流したりと、多くの人が思い思いに利用しています。

おすすめ

歴史と今後

そこまで深い歴史は持たないワークフローですが、今や業務の効率化を図るとして多くの企業に広まっています。これにより、今よりもさらなる業務の簡略化を目指します。ここでは、ワークフローの歴史や今後の動向についてお話します。